ガチニートin Beijing

北京で自宅警備員やってます!

昨日の外卖

こんにちは( ^ω^ )

自宅警備員です!

 

 

[外卖について…前書き]

ワタクシ、表向きは

主婦、と呼ばれる人種ですが

 

実際は

ニートなので毎日夕飯は作りません!!

 

 

夫君が仕事かつ帰宅して夕飯食べる日は作るけど、

夫君がいない日や休日は、一人なので作らない…

 

 

 

そうだ

外卖(waimai・出前)しよう!!

 

 

ここ北京、いや、中国は

ネットDE出前が盛んなのです。

 

これ、外国人の私にはめちゃくちゃ嬉しい( ´∀`)

 

北京に来たばかりの頃、夕飯を食べにハンバーガー屋さん入ったんですが

 

メニューが

 

 

全部漢字!しかも簡体字(ToT)

なんて書いてるかわからーん。

 

ファーストフード店なのにー。。

 

 

店員さんの話してる言葉も分からず、とりあえずハンバーガー…

持ち帰りしたかったけどイートイン…

現金支払いも、モタつくし。。

 

 

じゃあちゃんとしたレストラン行く?

それは高くつくし

 

スーパーやコンビニのサンドイッチやおにぎりはクソまずいくせに高いし。

 

自炊、にしても

農薬まみれの野菜は買いたくないので、有機野菜なんて買うと高くつくし、日本と同じ野菜は売ってない。

肉なんて、牛刀で切るような塊肉ばっか売ってる。。

一人分の夕飯にそこまでするのはしんどい…

 

食事の準備に悩んでいたら、夫君に

「出前を取れ」と提案されました。

 

出前取った方が楽だし安いよ!

だって。

 

 

確かに安い。そして近場のお店を選べば早いのであります!!

スマホ画面からポチッとな、なので誰とも喋らなくていいですしね( ´∀`)

 

 

そんなわけで、けっこうな頻度で出前を頼んでいます。

出前を頼むときは、

「饿了吗」というアプリでポチッとな、して部屋まで持って来てもらいます。

 

 

 

中国語で、出前のことを外卖(waimai)といいます。

 

 

そんな外卖を有効活用しまくりな主婦失格生活をしていますので

どんなものを注文したのかをご紹介したいと思います。

 

ちなみに、外卖記事の時は饿了吗アプリで注文したことを前提に書きます。

 

 

てことで

本題。

 

 

昨日の夜は、烤鸭…北京ダックのお店で外卖!

 

北京ダックと野菜炒め。

 

 

f:id:ahkb31825:20180502164444j:image

 

インスタ映えとか全く意識してない写真…

二つで50元(425円)くらい〜。

安い!

 

 

安けりゃいいってもんでもないし…

何しろ量が多い(・Д・)

お腹パンパンですわ。

 

癖の強い中国料理ですが、烤鸭は食べやすい料理です。

脂っこいものも多いけどそこまで脂っこくないし。

 

また頼むかも!

 

 

ちなみに今日のお昼は一人でバーガーキングを外卖しました!

どんだけ外卖してんだよ。。

 

 

そんな私ですが

今日は夕飯作ります…いつぶり?

夫君が仕事行ってて暇だからなっ。