ガチニートin Beijing

北京で自宅警備員やってます!

おまけの精神

こんばんは、自宅警備員です!

先日、北京の観光地である什刹海に行って来ました(^_^) 海、と名が付きますが海では無く湖です。

わかりにくいですが、 きったねぇ湖で、おっちゃん達が泳いでました…

そこまで暑くないよ???

ていうかすっごく人が多いし写真撮ってる湖で、お腹出してよく泳げるナー(-_-;) なんて思いながら散歩しました。

気温は28度、しかし湿度は無いので過ごしやすく感じだけど 現地の人たちは暑く感じたのかな? アイスやフルーツを食べてる人が多数。

アイス売りさんもそこら中に!

棒付きのアイスがむき出しで売ってて…あまり美味しそうじゃ無いし衛生状態どうなの?ていうのがあって、少し喉乾いてたけど買いませんでした(><)

そうそう 最寄駅出た瞬間からアイス売りのおっちゃんはスタンバってて、 「アイスいらんかねーー!?」みたいなことをワァワァ言ってました(^ω^)

そしてそのおっちゃんは 「アイス、2つで◯元」 という看板を持ってました。

2つでいくら…

いや

一個でええんやけど???

これ…なんかよくあるんですよ。

2つでいくら!ていうの。

スーパーの見切り品コーナーには、「买一贈一」て書かれたビニールテープで、二個一括りにされた商品が大量に積まれてあります。

一個の値段で2つ買えるで!

ということみたい。

これ よくみるんです。

先日ワイン買った時も、それに該当だったらしく、一本買う値段で二本ゲットしました。

嬉しい、気もするけど、べつに2つもいらないなっていう時もありますよね。

1つでいいから、安くしてぇな!!!て気持ちになります…(-_-;)

なんかよくわからんけど、1つだけ買う人が少ないのかしら??

そうそう、ものを買うとオマケをつけようとしたりすることもあります。

前回の記事の写真に密かに写り込んでましたが

ビオデルマ買ったら飴ちゃんついてきたり…

タオバオで組み立て式の棚?ラック?的なやつを買ったら、どう見ても部品が多かったり。

棚ひとつおまけしてくれてる(・Д・)

別にいいけど… 四種類のサイズを注文してたんですが そのサイズのはもう一ついらないな、なサイズのやつがオマケでした。

ま、いいけどさ…。

このように、中国はオマケの精神であふれています! 多めに何かを貰うことがあり戸惑うこともありますが、慣れたら日本はケチケチしてるって感じ始めるのかな????

以上、今日も北京は安全です!